経済的な無理をしない

生命保険は自分自身や、ご家族にいつ万が一の事があった際のために加入するものとなっています。中には一部資産運用のために様々な生命保険に加入するという方もいらっしゃいますが、一般家庭であればこのような事情から生命保険に加入することはありません。そのため生命保険に加入する際には、経済的な無理をしないようにベストなものを選びましょう。

補償が手厚くても月々の保険料が高くなってしまえば、その分、経済的圧迫が大きくなり万が一に備える以前で経済的な破綻を迎えてしまうこともあります。また、途中で保険料が払えなくなってしまった際には、これと同じタイミングで万が一のことが起きた場合、補償が受けられません。このような事態を避けていくためにも、経済的な無理をせず、ある程度余裕をもって支払える生命保険を見つけましょう。

具体的な補償内容については基本パックに付帯するタイプで加入することのできる生命保険も多くなっています。最初から保険料の高いものではなく、基本的にはリーズナブルな生命保険を選びます。そこに必要最低限の保障内容を付帯させていくのが一番賢い方法といえるのではないでしょうか。生命保険を選ぶ際には還元率、そして実際に補償を受ける際の迅速な対応などもチェックしながら選びましょう。

こんなプロは避ける

生命保険のプロというのは様々な立場の方がいます。例えば多くのご家庭の経済的事情を見直してくれるファイナンシャルプランナーは、生命保険だけではなくその他、家計におけるプロといえるでしょう。また資産管理のプロとも言えます。これとは違い保険会社で働くスタッフの方々も生命保険のプロという立場になります。どのような立場のプロに相談する場合であっても、避けるべきプロもいます。この部分にだけはしっかりと注意しておきましょう。

加入する生命保険に悩んでおり相談した際に、他社の保険や他社のイメージそのものも悪く言うような保険会社スタッフであれば避けた方が良いです。また、ファイナンシャルプランナーなどの場合には一つの保険だけを必要以上に集中して勧めてくる、などというケースも避けた方が良いでしょう。いくつかの案を提示し、その中で相談した側が選べるようなアドバイスをしてくれるプロが望ましいといえます。また保険の乗り換えなどをする際には、今の保険とどれだけの違いが出てくるのかについても明確に説明してくれるプロなら安心できると言えるでしょう。

単純にこの保険が良いですよと勧めるだけでは、生命保険の勧誘と何ら変わりはありません。具体的なメリットやデメリット、そして経済的な違いなどを十分説明してくれているようなプロを選ぶことによって、本当に適正な生命保険選びができるのではないでしょうか。